100均だけで自作するリュックインバッグ!大きいリュックの中身を整理・整頓

 今回は、ごちゃごちゃしがちなリュックの中をすっきり整理できるリュックインバッグの手軽な自作方法を紹介します。材料は、手持ちのポーチと、100円ショップで売っているパーツ。たった数百円と数時間で、自分仕様の使いやすいオリジナルのリュックインバッグを作ることができます。

リモートワークでPCの持ち運び機会が増加

 オフィスや自宅などいろいろな場所で仕事する機会が増えて、ノートPCを持ち歩くことが当たり前になりました。これまで通勤は小さめバッグでしたが、B5ノートPCも楽々入る大きなリュックを買いました。

今回購入したリュック。アネロTHE DAY。幅28cm、高さ41cm、マチ16cm。何でも入ります。口金型よりフラップ型の方が好み。
今回購入したリュック。アネロTHE DAY。幅28cm、高さ41cm、マチ16cm。何でも入ります。口金型よりフラップ型の方が好み。

大型リュックの欠点・不便なポイント

しかし、大きなリュックには大きな欠点がありました。中に仕切りがないので、中身がすべて底の方にごちゃっと固まってしまうのです。高さが40cmと私の肘の長さよりあるので、リュックの蓋を開けてのぞき込んで必要なモノを探すのが面倒くさい。中身を縦に積み上げて入れてみても、歩いているうちに崩れてしまって結局全部底にたまってしまい、リュックの上の方に無駄なスペースが出来るのがもったいない。

大型のリュックは中身が全て底の方にごちゃっとたまってしまう…。
リュックの中身が全て底の方にごちゃっとたまってしまう…。

ピッタリなリュックインバッグがない…

 Amazonなどで既製品のリュックインバッグを見てみましたが、仕切りがたくさん付いて使いにくそうだったり、材質が重そうだったりで、「これ」というものが見当たりません。ちょうど良いのがないなら作ってしまおう。簡単で安く作れる方法を考えて、さっそくダイソーに向かいました。

リュックインバッグの作り方

リュックインバッグ自作のために、ダイソーで購入したのは、以下の4点で合計440円でした。

  1. A4サイズのメッシュポーチ
  2. A4サイズの下敷き
  3. ファスナーテープ
  4. 3cm幅のゴムバンド

左=A4サイズのメッシュポーチ、中=A4サイズの下敷き、右上=ファスナーテープ(3cm幅)、右下=ゴムバンド(3cm幅×1m)
左=A4サイズのメッシュポーチ、中=A4サイズの下敷き、右上=ファスナーテープ(3cm幅)、右下=ゴムバンド(3cm幅×1m)

100均なので、リュックインバッグの材料費もワンコイン以内で収まり、コスパもよいです。

①まず、ゴムバンドをお手持ちのポーチに縦に巻きつけて、少し引っ張り気味にしながらちょうど良い長さを測ります。ファスナーテープ同士を重ねる4センチくらいの余分と、縁がほつれないように折込む分(5ミリ×2=1センチくらい)の合計5センチくらいを足した長さにしてください。長さが決まったらカットします。

②ゴムバンドの片方の端を5ミリ程度折り込んでまち針で止めます。その上から3センチ程度にカットしたファスナーテープの凹面を重ねてまち針で固定し、糸で縫い付けます。

適切な長さに切ったゴムバンドの両端を5ミリ程度折ってまち針で止める。
適切な長さに切ったゴムバンドの両端を5ミリ程度折ってまち針で止める。
その上からファスナーテープの凹面を重ねてまち針で止め直す。
その上からファスナーテープの凹面を重ねてまち針で止め直す。

③次に、ゴムバンドのもう片方の端にも同じく3センチ程度にカットしたファスナーテープの凸面を縫い付けます。この時、ゴムバンドを裏返して反対の面に縫い付けます。ゴムバンドを輪にして重ねて確認するなどして、縫い付ける面を間違えないようにしてください。

これは市販品のファスナーテープ付きのゴムバンドですが、ファスナーテープの向きによく注意してください
これは市販品のファスナーテープ付きのゴムバンドですが、ファスナーテープの向きによく注意してください。輪にしたときにファスナーテープが噛み合うよう、ゴムバンドの表に凹面、裏面に凸面を縫い付けます。

④同じように、もう一つ、使いたいポーチの周辺の長さに合わせてカットし、両端にファスナーテープを縫い付けたゴムバンドを作ります。これで両端にファスナーテープが付いたゴムバンドが2本できました。

⑤メッシュポーチにファスナーテープ付きのゴムバンドを縫い付けます。メッシュポーチの上にゴムバンドと手持ちのポーチを置いて、位置を決め、まち針で仮止めします。

メッシュポーチの上に、ファスナーテープ付きのゴムバンドと、自分のポーチを置いて位置を決める。
メッシュポーチの上に、ファスナーテープ付きのゴムバンドと、自分のポーチを置いて位置を決める。

⑥ゴムバンドをメッシュポーチに縫い付けます。耐久性を考えて最低でも2箇所くらいは縫い付けます。

自分の手持ちのポーチの高さに合わせ上部と下部の位置にゴムバンドを縫い付けますが、このときゴムの伸縮性を考慮して、手持ちのポーチの高さより狭い位置にします。
自分の手持ちのポーチの高さに合わせ上部と下部の位置にゴムバンドを縫い付けますが、このときゴムの伸縮性を考慮して、手持ちのポーチの高さより狭い位置にします。

⑦2本のファスナーテープ付きのゴムバンドを縫い付けます。

メッシュポーチの上下2箇所にファスナーテープ付きのゴムバンドを縫い付け。
メッシュポーチの上下2箇所にファスナーテープ付きのゴムバンドを縫い付け。

⑧メッシュポーチの中にA4サイズの下敷きを入れて芯にします。こうすることでリュックに入れたときに折れ曲がらないようにします。

メッシュポーチの中にアクリル下敷きを入れて芯にする。
メッシュポーチの中にアクリル下敷きを入れて芯にする。

⑨手持ちのポーチを上下のファスナーテープ付きのゴムバンドで固定、リュックに入れて完成です。

自分のポーチを付けた状態。このままリュックに入れれば、底に物が固まらない。
自分のポーチを付けた状態。このままリュックに入れれば、底に物が固まらない。

自作リュックインバッグを使用した感想

  • リュックの中が整理され、傘やメガネケースなど、収まりが悪い形状の小物が定位置に収まるように。
  • リュックインバッグをすっと引き出すだけで中身の物が取り出しやすくなりました!
  • 最初はアクリル下敷きを芯にしたのですが、ポーチを取り付けてみたところ、重みでしなってしまったので、板のボードに変えて固さを出しました。
  • こうして都度変更しながら使いやすいように改良していけるのも手作りならではです。

芯を板のボードに変更
芯を板のボードに変更
取り付けるポーチを変更することも可能
取り付けるポーチを変更することも可能

リュックインバッグ自作にはどれくらい時間がかかる?

ダイソーにはファスナーテープ付きのゴムバンド(3本セットで110円)があったのですが、手持ちのポーチと長さが合わず、今回、ゴムバンドから手作りしました。長さがあえば既製品を使うともっと簡単です。もっと手を抜くなら紐やリボンを縫い付けて結ぶのでもいいかもしれません。今回のようにファスナーテープ付きゴムバンドから作っても、午前中の2~3時間で完成しました。既製品を使えばさらに時間短縮できますね。

材料費500円くらいで作れる自分のニーズに合わせたバッグは余計な収納もなく、シンプルで便利です。

まとめ・終わりに

 見た目はあまり格好いいとはいえませんが、どうせリュックの中なのだから、人に見せるものでもないし、なにより自分が欲しい機能がすべて備わっているのがいいところ。ちょっとした工作のつもりで作って、イマイチかなと思ったところは直せばいいのです。お金と手間をかけずにできるハンドメイド。皆さんも気軽にお試しください。