【商品レビュー】iPad Proなんて中途半端なもんはいらねぇと思っていてごめんなさい。

実際に購入して感じたメリットとデメリットをいくつか紹介したいと思います。

前半の記事はこちら。

iPad Proのメリット

①タッチパネルが最高である

iPadの最大の特徴はなんといってもやはりタッチパネルです。
PC画面をタッチ操作ができる便利さはちょっと形容しがたいものがあります。

NETFLIXやKindleなどの一覧スクロールは快適ですしなんだかワクワクします。

ワクワク

②キーボード付けるのとタッチパネルのみの2way

今回はSmart Keyboard Folioも一緒に購入しました。
このSmart KeyboardをつけるだけでPCとして卓上での利用は完璧。
外すと大きなiPhoneのような利用が可能。
この2way方式がとても便利です。

※Smart KeyboardとMagic Keyboardで迷っている方
・値段

値段はかなり変わります。
12.9インチiPad Pro(第4世代)用Smart Keyboard Folio – 日本語
22,800円(税別)
12.9インチiPad Pro(第4世代)用Magic Keyboard – 日本語
37,800円(税別)

キーボードにこの値段は正直しんどい、、。

・重さ
ここが圧倒的決め手となりました。
Magic Keyboardがとにかく重い、、。
完全に家での使用のみで持ち運びはかなりしんどい(実際は余裕でできるがMacBookではなくiPadを買うという意義がなくなる)

iPad Pro 12.9本体:471g
Smart Keyboard Folio:306g
Magic Keyboard:596g

Magic Keyboardは本体よりも重いのです。iPadを運ぶのではなくキーボードを運んでいる、、、。


・使いやすさ
これは値段に比例してMagic Keyboardの方が使いやすいです。

  • トラックパッド付き
  • 取り付け角度の自由さ
  • バックライト
  • usb-c充電

などなどMagic Keyboardの方が優れている機能はたくさんあります。

ありますが、正直いって不要!!!(もちろん用途によりますが)

重い!高い!で今回はSmart Keyboard Folioを採用しました。
通常のネット使用が主な人はSmart Keyboard Folioで十分かと思います。
純正でなければもっと安いものもありますし。

③Apple Pencilは必須まじ最高

今回Smart Keyboard Folioと合わせて購入したものがもう一つ。
それがApple Pencilです。
タブレット初心者の私にはこのApple Pencilがとても使いやすい
指でももちろんいいのですが、タッチを繊細に行えるのでApple Pencilでの操作は操作性を格段に上昇させます。

iPad Proのデメリット

①アプリがipad対応してないものがある

iPhoneで使っていたアプリと同じアプリをDLして開くと、iPad対応をしていないものがあります。

開くとこうなるケースが

こういったものはブラウザで見る方が断然見やすいです。
しかし、ブラウぜで開くと自動でアプリに飛ばされて、またブラウザに戻ってくるということがよくあります。

②13インチは持ち方に困る

13インチだと片手で持つのはちょっとしんどいです。

重い、、。


寝る前に少しKindleで本を読もうとなってもベッドの上で膝の上に立てかけるなど色々工夫がいります。
自分なりのベストポジションを見つけましょう。

③MacBookの画面を触ってしまう

iPadのタッチパネルに慣れすぎると、MacBookの画面もタッチして指紋をたくさんつけてしまいます。
iPadを買ってからMacBookを指でスクロールして「あっ、、、違う、、」というミスを何度もやってしまっています。
(もはやデメリットと言えるかどうか微妙ですが)

ディスプレイに指紋が、、、。

以上、結果iPad Proを買ってよかった。
めちゃお勧めできるアイテムです。
Mac製品はすぐ新型が出るので、買い時に迷う方も多いかと思いますが、欲しいときに買うのが一番です。

この機能が出るまで待とう、、と思い長い期間待ったらすぐ別の便利な機能が次のモデルで搭載されるなんてことばかりなのです。

最適タイミングを考えるだけ無駄です。

皆さんも良いiPad生活を!

https://amzn.to/3iMCCTe