冷風扇(冷風機)って本当に涼しい?扇風機やエアコンと比較の違いと注意点

梅雨が明けたあとの夏。猛烈な暑さはそれだけ体力を消耗させられます。

暑さ対策といえば、エアコン&扇風機がツートップですが、最近、冷風機というアイテムも家電量販店などでも見かけるようになってきました。

今回、冷風機を実際に購入して使ってみて、扇風機とどう違うのか?本当に涼しくなるのか?紹介したいと思います。

冷風扇とは

冷風機(冷風扇)とは涼しい風を出すことができる扇風機です。

通常の扇風機はファンが回転することで風を発生させます。

扇風機・サーキュレーターの写真

単に室内の空気で風を送るようにしているだけなので、風自体は気持ちいいですが、冷たい風ではありません。

それに対し、冷風扇は水や保冷材を活用し、そこに風を当てることで涼しい風を送り出します。

なぜ冷風機は涼しい風が出せる?

では、なぜ、冷風機は冷たい風を送ることができるのでしょうか?

冷風機で冷たい風を送るメカニズムとしては、保冷材と水の2パターンがあります。

保冷材を使った冷風機の場合

保冷材を使った冷風機では、0度近い温度で凍っている保冷材に風を当てることで、風が冷却され、涼しい風を送ることができます。

水を使った冷風機の場合

もう1つの水を使った冷風機の場合、水も室内の空気よりも温度は低いですが、保冷材ほどの冷たさはありません。

その代わり、水の場合には「気化熱」という科学現象を利用して冷たい風を送る仕組みになっています。

気化熱とは「液体が気体になるときに周囲から熱を吸収する」現象です。

お風呂上りなど濡れた状態で扇風機の風に当たると普段よりも冷たく感じますが、あれも気化熱によって起きています。

赤ちゃんがあーっていいながら扇風機に当たっている写真

冷風機のタンクに入れた水に風を当てることで気化熱を発生させることで、温度が下がった涼しい風を送ることができます。

山善の冷風扇を購入

風量しか調整できない安い扇風機しかない我が家では、風の強さが一定すぎる問題に直面していました。

夜寝るときに首振りを有効にした状態で一定量の風を受けていると、寒いと思ってしまうことがありました。

「おやすみモード」的な風の強さが変わるタイプの扇風機が欲しいなと思っていたところで、冷風扇というアイテムがあることを知りました。

こちらも、リズムモードが搭載されていて、おやすみモードもあるので、条件的には満たせそうと思い、今回冷風扇の購入を決意しました。

購入したのはみんな大好き山善の冷風扇「FCR-D405」です。

山善YAMAZEN製の 冷風扇「FCR-D405(WC) 」

値段も扇風機に比べると高額なものの、エアコンに比べればかなり安価です。

Amazonや価格コムなどで安いのを調べていたら、「近所の西友が一番安い」という衝撃の事実に気づかされました!

※Amazon価格より西友の方が2000円も安かったです。

ウォルマートカードを使えば、会計額から3%OFFにもなり、お財布にもやさしいです。

冷風扇の重量は5.4kgほどあるため、持ち帰りだと少し大変ですが、新宿から巨大ソファーのYogibo(ヨギボー)を持って帰った時に比べれば、楽勝でした

冷風扇の組み立て・操作は?

山善の冷風扇「FCR-D405」ですが、箱を開封すると、ほぼほぼ完成品として入っていました。

バランスを崩さないようにするための足となる部品を本体の下に敷くだけで、組み立てとしては完了です。

手間なのは箱から冷風扇の本体を取り出すぐらいで、設置まで5分程度でした。

冷風扇の給水タンクはそのままでは水を吸い込むフィルタで取り外すことはできず、ピッチャーなどを使って注がなければなりません。

山善YAMAZEN製の 冷風扇「FCR-D405(WC) 」の後ろ側にフィルターや冷風のための水のタンクが設置

しかし水を吸い込むフィルタを取り外すと給水タンクも取り外して、水道から直接水を注げます。

操作も簡単で、扇風機の機能に「冷風」が加わっただけなので、説明書を見ずにでも操作できます。

山善YAMAZEN製の 冷風扇「FCR-D405(WC) 」の操作パネル、通常の扇風機の機能に冷風モードが追加

さらにリモコンも付属するため、いちいち本体で操作しなくてもリモコンでソファーなどに座りながら操作が可能です。

モードも①連続、②リズム、③おやすみの3つが選ぶことができます。

期待していたおやすみモードですが、そこはYAMAZENクオリティー。

風が弱まるタイミングでは徐々に風量が少なくなるものの、強まるタイミングでは一気に強くなり、音もすごいので最初はビビりました。

山善の冷風扇の冷風を体感

設置が完了したところで、スイッチをONして風を送り込みます。

扇風機ではないのに、つい冷風扇の前で意味もなく「あーーーー」とやってみます。

最初のうちは気化熱の効果がそれほど見られず、本当に涼しいかな?と思うレベルでした。

扇風機と比較したら、風は涼しい

その後、夜通し稼働させたあと、これまでのパートナーであった扇風機の風と比較してしました。

手の甲に風を当てた時の感覚からすると、扇風機よりも冷風扇の方が涼しく感じました。

通常の扇風機に比べると、涼しい風が送られてくるので、就寝時などは冷風扇で快適な涼を取ることができます。

冷風扇で気を付けるべきは「湿度」

しかし、冷風扇を稼働させている状態で、冷蔵庫に飲み物を取りに立ち上がったところ、違和感を感じます。

「あれ?なんかさっきよりムシムシしてない?」

そうなのです。これが冷風扇の大きな落とし穴なのです。

冷風扇は水が気体になるときの気化熱を利用して涼しい風を発生させています。

液体の水が気体(水蒸気)になるということは、湿度が上昇します。

湿度が上がると体感温度も上がるため、気温は涼しい風が出て下がるはずなのに、風に当たらない状態では蒸し暑さは増していることに気づきました。

冷風扇で湿度が上がったことで暑苦しくなってしまった様子

「冷風扇は涼しくならない。むしろ湿度上がるよ」と商品説明にもすがすがしくギブアップが宣言されています。

そのため、冷風扇はエアコンと併用するか、換気を行って上がった湿度を下げる工夫が求められます。

まとめ・終わりに

今回、扇風機に比べると涼しい風を送ることができる冷風扇について紹介しました。

Amazon御用達の山善の冷風扇「FCR-D405」を実際に購入して使ってみたところ、確かに扇風機よりも涼しい風で快適な睡眠をサポートしてくれました。

ただ、冷風扇は諸刃の剣で、湿度が高くなるというデメリットも抱えています。

冷風扇から出る涼風を受けているときは問題ありませんが、ひとたび部屋の中は湿度がどんどん上昇している事態に見舞われます。

残念ながらエアコンの代わりにはなりません。がっつり涼しくなりたい場合はエアコンをオススメします。

エアコンが苦手な人の場合も、湿度対策が必要なので、除湿などのケアは怠らないようにしましょう。