生活激変!スマートリモコンで家電のリモート操作を可能に!意外な注意ポイントも!?

今回はスマートホーム化に必須なアイテム【スマートリモコン】についてご紹介!我が家では、スマートリモコンの中でも人気のあるNature Remo mini(Nature Remo mini Remo-2W1)を実際に使ってみたところ、QOLが劇的に上昇。リモコンをスマホで一括管理することができるため、外出先から家電を操作することができます。
ただ、注意点もいくつかあったため、そのポイントを中心に書いていきます!

NatureRemo設定方法

NatureRemoは、wifi環境さえ整っていれば30分程度で完了します。初期設定の手順に関しては公式サイトに詳しく記載してありますので、ここでは省力します。下記を参考にすればOK!

https://nature.global/jp/faq/setup-manual

Nature Remo注意ポイント

1, Nature Remoの設定位置に注意!

「リモコン」と考えると当然なのですが、Nature Remoと家電の間に赤外線の邪魔となってしまうような物があると反応しません。
卓上にNature Remoを置いていたところ、エアコンが反応しないことが多々ありました。

対策
・壁の高い位置に設置する

2, 電源のON/OFFは区別できない

こちらも「リモコン」と同じといえば同じなのですが、電源のON/OFFは区別できません。例えば、オートメーション機能で「毎晩23時にテレビの電源を消す」としたい場合、「毎晩23時に電源ボタンを押す」という設定になってしまいます。つまり、テレビが23時に消えている状態の場合は、意図に反して電源がオンになってしまうので注意!

対策(ほぼ妥協)
・「平日朝8時にテレビの電源を押す」など、オートメーション化は確実なことに限る

3, GPS機能はちょっと不安

オートメーション機能のトリガーとして、エリアを指定できる項目があります。これを使用すると、「自宅から半径〇〇m以内に入ったらエアコンを付ける」といったような設定が可能です。
が、ちょっと注意が必要です!このオートメーションをオンにした状態で家にいたところ、トリガーがこまめに反応しました。エアコンが付いたり消えたり….GPSの精度問題だと思うので、根本的な解決方法は分かりません。(解消できるなら教えてほしい!)また、指定したエリア内のカフェに長時間滞在したときも、トリガーがこまめに反応してしまいました。
対策
・在宅しているときはオートメーションをオフにする

対策ではなく代替案ですが…
ほとんど家にいる今の時期は、エリアを指定するオートメーションは使わずに、「暑い」「寒い」のトリガーを使用しています。「室温が28度以上でエアコンをオン、27度以下になったらオフ」というオートメーションを常にオン。この設定で寝ている間も快適!

4, 旅行に行くときは対策を忘れずに!

オートメーション機能は、トリガーの条件を満たして家電の操作を行うと通知を送ってくれます。オートメーションではなく、リモートでボタンの操作をした時も「送信成功」のメッセージが表示されます。なので、知らぬ間に操作されていた….ということはないのですが、現在の状態が把握できないというのが難点です。
例えば、旅行先でいつも通りオートメーションが機能してエアコンが付いたとします。通知機能があるので、エアコンが付いてしまったことに気づくことはできます。ただ、アプリ上で電源ボタンを押して「送信成功」したとしても、本当に消えたのか状態を把握することはできないのです。

対策
・長期間家を開ける時は、オートメーションをすべてオフにする
・ペットを飼っている方には、ウェブカメラも一緒に導入することをお勧めします!リモートで家の状況把握ができるようになります。

スマートスピーカー導入でもっと便利に!

Nature Remoだけでも十分便利なのですが、スマートスピーカーと連携することでもっと便利になります。Amazon EchoやGoogle Homeと連携すると、家電を音声でコントロール可能に!
詳しくは、別記事をご覧ください。

(おまけ)リモコンなし家電もスマート化はできる!

リモコンの付いていない家電もスマートスピーカーと連携させることが可能です。我が家のリビング電気はリモコンのないタイプでしたが、電球をAmazon Alexa対応のものに変更するだけで、音声操作もリモート操作も実現できています!
amazonのリンクはこちら↓
【Amazon Alexa認定 LED電球 】TP-Link Kasa スマート LED ランプ 調光タイプ E26 KL110 800lm 電球色 Echo シリーズ/Google ホーム/LINE Clova 対応 追加機器不要 3年保証

さらに、スマートプラグというものを使えば加湿器などもスマート化可能に!
こちらも詳細は本サイト内別記事を参照してみてください。

Nature Remoを使用する上での注意ポイントはいくつかあるものの、リモートでの家電操作・音声コントロールができるようになるだけで、生活は劇的に変わります。自宅にいる時間が多くなった今こそ、めざせ!スマートホーム化!