“未来の壁”「popIn Aladdin(ポップインアラジン)」を一人暮らし・1Kのお部屋で1年使ってみた

 家庭用シーリングライトに高音質スピーカー、高機能プロジェクターが搭載された「popIn Aladdin(ポップインアラジン)」、先日新モデルの発売が発表され話題を呼びました。

新モデル「popIn Aladdin2」のお値段、99,800円。いや高ぇ。

popIn Aladdin、簡単にいえば天井に取り付けるプロジェクターのことです。シーリングライトの代わりにつけるから、コンセントとつないだりする必要はありません。(つまりこれまで使用していたシーリングライトはいったん押入れにしまうことになります。)

1Kひとり暮らしである筆者(女)はこの「popIn Aladdin2」の旧モデル、「popIn Aladdin」を2019年7月に購入し1年使用しました。

popinaladdin
▷電気もつけるとこんな感じ

 本記事では「popIn Aladdin2、気になってはいるけど手が出せない…」という方に向けて、筆者が実際に使ってみた感想を正直にまとめてみました。

「天井につけるから何?」
「もっと安いプロジェクターたくさんあるのにこれを選ぶ意味は?」
「失敗して許される値段では到底ない、うちの家に合うか不安…」
「電気代は?修理費は?取り付け工事は???」

といった、さまざまな疑問や不安にお答えできれば幸いです。

先に書いておくと、筆者的には言って個人的に2019年買ってよかったモノNo.1です。2020年もまだコイツを超えた出会いはないかも。

もはやコイツがいない生活なんて考えらんねえ…。

概要:popIn Aladdinとは?

popIn Aladdinとはなんですかという方は、手っ取り早く公式のHPをご確認ください。

公式サイト:https://aladdin.popin.cc/

◼︎popIn Aladdinの推しポイント

公式サイトからまとめると

進化した3in1

「短焦点レンズ」と「臨場感あふれる高音質スピーカー」「調光・調色 1万通り」の3つが1つになった、という意味のよう。

すべての間取りにフィットする大画面

小さい部屋でも大きい部屋でもばっちりいけるで、とのこと。

「未来の壁」を実現するコンテンツ

たしかにコンテンツは充実してます。”未来の壁”っていい響き。

工事なしで簡単取り付け

※ただし天井の電球を取り替えるよりちょっと大変くらいの手間はかかる

◼︎ファミリー層がメインなのか

公式サイトでも「キッズに〜」とやたら”ファミリー感“を出してくるけど、ほんとのところどうなの。

▷popIn Aladdin コンセプトムービー

公式サイトやムービーを見てわかる通り、popIn Aladdinは特に子供向けコンテンツが多く搭載されています。ファミリー層に人気があるというのも大変頷ける。

が、筆者は1Kのひとり暮らしなのでアラジンはリビングに設置して1人で楽しんでします。結論から言うと1人で楽しんでまったく問題ないです。

まあたしかにアラジンの機能を持て余してしまっている感は否めないですが…。

◼︎初代と最新型の比較

こちらが、公式サイトに載っていた初代と最新型(popIn Aladdin2)との比較表。これをまとめていて「あ、2ほしい…」と思ってしまいました。

popIn Aladdin 2(最新)popIn Aladdin(初代)
サイズ476×145×476mm476×169×476mm
画質フルHDHD
投影距離1.56m = 100インチ1.56m = 60インチ
上下可動域0〜32°0〜18°
シーリングライト調光・調色 10,000通り調光・調色 36通り
スピーカースピーカー2台
8W+8W
スピーカー1台
5W+5W

うぅん、個人的には投影は初代でも十分できているしライトについてもまあいいとして、、画質とスピーカーの性能の違いが気になる…。


購入の経緯

当時とあるYouTuberの紹介でpopIn Aladdinという商品の存在を知ったのですが、正直最初は気になってはいたものの、高すぎるし、そもそも一人暮らしの1K部屋には合わないのでは?思っていました。

「「1週間でいいからおためしで使ってみたい…」」

そこで利用したのが「家電レンタルサービス」です。便利な世の中。
私はRentioというサイトを選びました。
1週間レンタルで5,980円、Amazon Payでさくっと支払ったら注文完了。いい時代になったね。

そして1週間使用してみて思った、「コイツを手放したくない」

なんとレンタルしている製品、そのまま購入できたんです!最強だ…。
気になる方はぜひこちらからご確認ください!

Rentio公式サイト:https://www.rentio.jp/

よかったところ

何度も言うようですが、筆者は1K・社会人一人暮らし。アラジンはリビングに設置しています。「がくしゅうポスター」や「チャイルドモード」といったコンテンツがどんなものなのかも知りません。

そんな筆者が主に使用している機能は以下。

  • 壁時計
  • YouTube
  • Spotify
  • Netflix
  • Amazonプライムビデオ
  • Hulu
  • Radiko

普段から上記のコンテンツをよく利用する、という方には特に参考になるかと思います。

◼︎1. 音に包まれる体験ができる

個人的に1番はこれです。天井につける最大の特長はこれ。スピーカーとしての機能が最高にお気に入りです。
音が上から降ってくるんですよ…。天井に設置するからゆえのこの音に包まれる感じは家の中ではなかなか味わえない!!
ライブ動画とか流しながら家でフェス気分になれます。自粛期間もこれで乗り切れますよ。至高。
あとSpotifyはスマホからキャスト?接続できます!(Androidで確認済み)
リモコン持つ必要なし。いつでもどこ(家の中に限る)でもスマホから。

◼︎2. オリジナルコンテンツが充実している

上にあげた動画配信サービスなどのコンテンツはもちろん最高なんですが、それ以外にも、窓として、明かりとして、ヒーリングミュージックやろうそくの灯りとして、、いろいろな機能が搭載されています。

popinaladdin
▷「美風景」というコンテンツ

公式サイトをご覧いただければ分かると思いますが、これら機能も順次アプデされます。わたしは最近はヨガやってます。

公式サイト:「未来の壁」を実現するコンテンツ

◼︎3. インテリアの一部になる

第二の大型壁掛けテレビ的役割を果たすアラジンちゃんですが、基本的に私自身テレビをあまり見ないので、もっぱらテレビよりずっと付いています。ちゃんと設定すればテレビも見れるようなのでご安心を…。
他のプロジェクターと違って一度取り付けたらほぼ固定で動かすことがなく、インテリアの一部になってしまうのがアラジンです。リモコンで操作するところもテレビと一緒ですね。

◼︎4. やっぱり壁時計がかっこいい

他のプロジェクターとの最大の違いが、上にあげた「インテリアの一部になる」こと。YouTubeなど見ていないときには基本的に常時壁時計として投影しているのですが、それがまためちゃめちゃかっこいい。まさに”未来の壁”って感じ。

popinaladdin壁時計
▷実際に投影している壁時計

友人とか呼んだときの「え!?この時計どっから出てんの!?」ってリアクションは楽しい。
というのは置いといても、メガネがないと何も見えない私にとって寝起きに嫌でもでかい時計が目に入るのはありがたいです。

◼︎5. 柔軟に設置可能

「この角度いけるかな?」とか思っていたんですが、わりといけました。お部屋に梁とかドアとかあって色々不安な人は私みたいに一度レンタルしてみるのをおすすめします!
ただ注意点として、よくあるシーリングライトじゃなくておしゃれなスポットライト的なやつだったりすると設置は無理そうです。よくご確認ください。。

◼︎6. AirPlayが使える

macやiPhoneからキャストできます!
(つまりキャプボがあればゲーム画面も映せてしまう、ラグはありそう)

ただGoogleのキャスト機能はまだ対応していない?(2020.7時点)
早く対応してくれ〜

◼︎7. 交換対応が迅速

買う前から壊れた時の話すんなって思われるかもしれないですが、カスタマーサポートは大事な要素です。
お問い合わせ時に住所とかまとめて入れて送るので、交換も無駄なやりとりなくそのまま進めてもらえました。1年の保証期間内だったからなのかな…?
そのときは勿論タダで交換してもらえました。

※追記:自粛期間に入ってサポートからのレスポンスに時間がかかるようになった気がします。悪しからず…

その後また画面の左上が白くなるとのことで問い合わせをしたら、「購入から1年以上過ぎているので無料交換はできない。」とのことでした。うーん交換してもらってからは1年経ってないんだけどしゃあなしか…。

修理代39,800円 or popInAladdin2購入+下取り25,000円値引き の2択を迫られているところです。しばらくはこれでいいや…。笑


わるかったところ

◼︎1. 不具合が出がち

24時間つけっぱなしにしていたら使用して半年ちょいで画面焼けしました。サポートに連絡したら迅速に対応して交換してくれたのですが、投影については不具合が出やすいみたいなのでつけっぱなしはやめた方がいいかもしれないです…。
最近は外出時はなるべく消して、寝るときもタイマーをセットして消して寝るようにしています(本当はオフタイマーもあるんですが)。

◼︎2. ワンルームだと日中見づらい

リビングに設置しているので、ホラー映画など暗めの映画だと特に、日中はカーテン閉めないと厳しいです。寝室に設置するのなら問題なさそう。

▷上:カーテンopen / 下:カーテンclose(画像が粗いですが…)

画質については特に不満を感じたことはなく、映画も動画も問題なく見れています。YouTubeのゲーム画面などで細かーい字が読みにくかったりすることはあります。

◼︎3. 取り付けがちょっと大変

取り付けが簡単だけど大変(?)。天井のシーリングライトなので一人だとなかなか…。脚立とかないと届かないです。てかあっても届かないわ。筆者は女なので、身長的になおさら大変でした。

◼︎4. ゲームができない

そりゃHDMI天井につなぐわけにもいかんしな。キャストとかできるようになったとしてもラグそうなのでやめましょう。ゲームはテレビでしましょう。
我が家のテレビはもはやゲーム専用ディスプレイ…。

◼︎5. 値段が高い

まあ高いよねえ…手軽に手を出せる値段じゃないよね…


改良してほしいところ

◼︎1. TVerが見たい

たしかにテレビは見ないと言ったが、見たい番組がないとは言ってない。
見逃し配信を見れるようになったらもはやテレビを超越した存在になれると思うの…。

◼︎2. Google Home、Alexaに早く対応してほしい

対応予定とは書いてあるけど…
あと基本Wifiによる操作であって赤外線ではないので(多分)、家電リモコンがあっても電気のON/OFFくらいしかリモコン操作ができません。スマートホームの障壁になってる。

◼︎3. NetflixのUIが悪い

ボタンでカーソルを動かしたくない。


注意点

◼︎1. 電気代が上がる

購入当初24時間つけっぱなしにしていたらさすがに上がりました。1年前と環境も違い単純比較はできないですが、2019年1月は3,000円弱だった電気代が2020年1月に5,000円弱に。2,000円ほど。ほんとに??さすがに上がり過ぎ…?
先ほども書きましたが、現在は外出時はオフ、寝るときにはオンタイマーにして消す、という運用をしています。おかげさまで(?)現在はほぼ変わらないか多くても数百円程度の差になっています。自粛期間なので上がっているという説もある。
テレビだって点けっぱにしたら電気代食うもん。手を抜いたらダメっていうのは同じですね。節電節電〜

◼︎2. アプデ時の騒音

時たま行うアプデ時の騒音がすごい。これはナメちゃいけない。まあアプデは滅多にないので特段問題ないですが、タイミングに注意しないといけません。夜中やったらアカン。
そもそも普段の音がどれくらいなのかは、ご近所さんに聞いてみないと分からないので何とも言えないです。今のところ特に苦情は来てません。EDMガンガン流したりしたらさすがに何か言われそう。(それはアラジン関係ない)

◼︎3. Wi-Fi必須

自粛期間を経て家にWi-Fiないという方、減ったとは思いますが、コンテンツを十分に楽しむためには電波がほしいところです。もちろん家の中で自分が使うんだったら、テザリングとかでもいいんですが。。


最後に:まとめ

popinaladdin壁時計

 長くなりましたがまとめるとこんな感じです!

◎よい

  • 天井から音が降ってくる新体験
  • YouTube、ネトフリ、アマプラ…をすべてこの1台で
  • 豊富なオリジナルコンテンツ
  • ただの壁がインテリアに

△惜しい

  • プロジェクターの不具合起きがち
  • ワンルーム・1K、リビング設置なら遮光カーテン必須
  • ゲームはできない
  • 電気代、騒音に注意
  • まだまだ未対応要素が多い
  • 値段が高い

私が使用しているのは「popIn Aladdin」であり1つ前の型なので、2がどんなものかは全く知りません。あくまでご参考までに。
ただ、最新型では性能自体は上がっているはずなので!

2はこちらから購入できます。


この記事を読んで少しでも興味をもっていただけたなら、ぜひ


「「給付金は、popIn Aladdin2に!!!」」


共に未来を感じたい!!

ありがとうございました。